お薦めの本

結果を引き出す 大人のほめ言葉

内容紹介

「なるほど、こう言えばよかったのか! 」
結果を出す人が口にしている「ほめ言葉」

「ほめて伸ばす」という考え方が、世の中に浸透してきました。
一方で、「ほめる」ということにネガティブな印象を持つ人もいます。
「相手を甘やかすことになるんじゃないか」
「他者に迎合することになるのでは」
「大切だとわかってはいるけれど、どうほめればいいのかわからない」
こう感じる人も少なくありません。

結論から言えば、
正しいほめ方さえ身につければ、必ず、あなたが望むような結果が現われます。

「部下に『ありがとう』を言うように心がけるようになってから、
頼んだ仕事以外にも『これもやっておきました』と前向きに業務をしてくれるようになった」

「誰かをほめようと思ったことがなかったが、ほめ方を考えるようになった。
人のいいところを探そうとすると、なんとなく自分の心が楽になった」

こうした声がたくさん寄せられています。

「ほめる」とは、人・モノ・出来事の「価値を発見して伝える」ことです。
ほめるところがないように見える部下だとしても、
・契約は全然取れないけれど、誰より数多くアポイントの電話をかけている
・いつも書類にミスが多いけれど、朝会うと最高の笑顔であいさつをしてくれる
など、いいところが見つかるはずです。

「価値を発見して伝える」のに必要なのは、「観察力」と「変換力」、「伝える力」です。
1 「ほめるところを探す」と意識して観察し
2 短所を長所に変換して捉え
3 それを伝える
こと。

難しく感じるでしょうか?
本書でご紹介する、合計240の「ほめ言葉」とほめるコツ・ポイントを読めば
自然と「観察力」「変換力」が身について、
目の前の人の価値を発見することができるようになります。
ぜひ、今日から使ってみてください。

結果が出てから「ほめる」のではなく
「ほめる」から、結果が出る! 

大人に必須の「ほめ言葉」

……… こんな場面で、こんなほめ言葉 ………
部下が失敗したとき▶「惜しいなあ、ほんとに惜しい」
ほめるところが見つからない部下に▶「○○さんは、いつでも絶対に期限を守って提出してくれるよな、ありがとう」
高過ぎる目標にひるみそうなとき▶「この数字を成し遂げたら何人の人を笑顔にできるだろうね」
頑固な人に▶「信念があって、ブレないですよね」
お客様の愚痴に▶「理想あるがゆえの、その気持ちですよね」
…………………………………

著者について

西村貴好(にしむら たかよし)
一般社団法人日本ほめる達人協会理事長
覆面調査会社での経験から、ダメ出しの限界と「ほめて伝える」効果の大きさに気づく。その後、「ほめて、結果を出す」ことを体系化した研修を開発。採用する企業の実績は平均して前年比120%、3ヶ月で売上を161%にする店舗も。2010年より、ほめる力がつく一般向けセミナー「ほめ達! 検定」をスタート。経営者・管理職はもとより、教師や会社員、子育て中のお母さんや学生など、多くの方から評判に。5年連続年間200回以上の講演・セミナーを続けている。NHKをはじめテレビ出演多数。『ほめる生き方』(マガジンハウス)、『心をひらく「ほめグセ」の魔法』(経済界)、『繁盛店の「ほめる」仕組み』(同文舘出版)など著書多数。

AMAZONですぐ購入

 

「働き方の達人」エピソード 24: 「ほめる達人」あなたの前には ダイヤの原石がいっぱい。