お薦めの本

Google流 疲れない働き方 やる気が発動し続ける「休息」の取り方

Google流 疲れない働き方 やる気が発動し続ける「休息」の取り方 ピョートル・フェリークス・グジバチ

 

内容紹介

「疲れる組織」「やる気の出る組織」の違い

グーグルは、「社員の体調・メンタルの管理」も先進的!
「いつも10倍の成果をめざす」「優秀な人も多く競争も激しい」など、実際には心理的なストレスも多そうなグーグル社ではありますが、その分、会社も「社員がストレスをためない取り組み」を多くやっています そうしたグーグルの取り組みから、個人でもマネできるもの、などを中心に紹介します。

「疲れる組織」と「疲れない組織」は何が違う?
日本の会社は「疲れる組織」「疲れる働き方」が多い。いくら健康体でいても、組織が「疲れる組織」であれば、元も子もありません。ご自身がマネジャー・リーダーであっても、一般の社員であってもできる、「疲れない組織」にする方法も紹介していきます。

日本の一般の人事とグーグルの人事の違い

フラットな企業組織を象徴するティール。その色の意味とは。

「疲れない組織」?「心理的安全性」を作るマネージャーがイノベーションを起こす。

「働きかたの達人」エピソード13:「ルールがない会社で GET YOUR KICKS! 」

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、会社にいるだけで疲れるの?元グーグル人事担当が教える究極の「心と体」の整え方。体のエネルギー感情のエネルギー集中のエネルギー生きることの意義からくるエネルギー。この4つを整えて疲労をためず、最大のパフォーマンスを出す!2018年読者が選ぶビジネス書グランプリビジネス実務部門第1位『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』の第2弾!

 

著者について

ピョートル・フェリークス・グジバチ
ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング&ディベロップメントヴァイスプレジデント、2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。合気道も行う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

グジバチ,ピョートル・フェリークス
ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング&ディベロップメントヴァイスプレジデント、2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。合気道も行なう。独立し、プロノイアとモティファイの2社を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

AMAZONですぐ購入

推奨読書

新入社員の壁・Google社にてグローバル人材開発に携わってきたピョートル・フェリークス・グチバチと一緒に検討する

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法

お勧めのポッドキャスト

ニューエリート ピョートル・フェリークス・グジバチ

 

井上 JINS MEME 集中力

 

 

仕事健康になるため 職場 組織 人事 健康診断 健康に働こう