イベント

未来フォーラム Event Update

11月21日に日本橋にあるサイボウズのオフィスにて第4回目の未来フォーラムが開催されました。

そもそも、未来フォーラムとはなんなのか?

みなさんは、こんな問いを持ったことはありませんか?

生産性の高い企業とは、いったいどんな企業なのか?

制度や仕組みを作る前に、人事としてどのような役割を担うべきか、まずは考える必要があるかもしれません。では、どのように考えたら良いでしょうか?

そんな問いを持った方が集い、共にアイデアを出し合うのがMIRAI FORUMなのです。

セミナー登壇者のみなさん(左からピョートル、伊東氏、青野氏、沼田氏)

参加者と登壇者が参加したグループディスカッション

 

第4回目の今回は、「100人100通りの働き方」を推奨しているサイボウズ、経産省、複数のキャリアを持つ会社員や学生の方のトークセッション及び参加者の皆さんからテーマ出しをしてディスカッションをする機会を用意しました。

モデレーターとしてMotifyのCSOでもある、ピョートル・フェリクス・グジバチ、スピーカーとして経済産業省の伊藤禎則さん、サイボウズの青野誠さん、スーパーイノベーター兼ヤフージャパンの沼田尚志さん、株式会社Hand-C社長の仁禮彩香さんに登壇して頂きました。

今回のイベントは第一部と第二部に分かれて構成されました。

第一部はスピーカの方々から講演をして頂きました。

「どれだけ長い時間働いたか、よりも成果。」

「自分の持ち札、つまり選択肢を増やそう」

「時間や場所に縛られない。働き方の多様化。また、社員のさまざまな副業のスタイルに合わせて制度の改革を起こす」

登壇者が自身の経験やバックグラウンドを通しながら、働き方改革やなぜ今の自分に至ったのかなどについて熱く語って頂きました。

その講演が進むのと同時に、Motifyが創った「月曜日の朝」〜もっと楽しく・さらなるエネルギーを高めながら仕事をするための議論できる知恵袋サービス〜を使いながら参加者からの質問を集めました。

ドリーが職場の知恵袋・「月曜日の朝」について紹介している様子

 

第二部では、集めた質問を基に参加者と登壇者との質疑応答や10人程でグループを作り、参加者の皆さんが疑問に思ったことや講演を聞いて感じたこと、自分が行動できることなど幾多にわたるトピックでグループディスカッションを行いました。

会場はこれからの日本社会、日本人の働くということに対しての意欲をあげたいというエネルギーでみちあふれ、2時間という時間もあっという間に過ぎ去ってしまいました。

盛り上がったグループディスカッションの様子

 

ご来場して頂いた皆様にこの場で感謝を申し上げたいと思います。

これからも未来フォーラムは続きます。

今後もモティファイでは、オリジナルの勉強会・セミナーを開催いたします。

勉強会・セミナーの開催情報はニュースレターでご案内しておりますので、是非この機会にご登録ください。

12月18日(月)のLIFULLとのイベントの申し込みを開始しました。

http://peatix.com/event/326672/