デザイナーのように人事を考える – 従業員体験のためのフレームワーク

 *English Following

デロイトが参加した2017  Human Global Trends Report では、世界の80%の企業が人事から従業員体験へと、その考え方を変えつつあります。これは何を意味するのでしょう?それはつまり、私たちは管理する人事から、従業員を信頼し、権限を与える立場へ変化しつつあるということです。この変化は能力管理から能力開発への変化と並行しています。前者は、従業員は管理なしには成果を上げることはないという考え方であり、従業員にとって何が最良かは会社が決め、そして管理を続けるというものです。後者は信頼関係と自己管理により重点を置きます。能力開発の考え方では、従業員の声を受け止め、間違いを犯すことへの懸念ではなく、従業員自身の成長と会社がいかにそれを手助けするかに重点を置いています。

デザイナーはユーザー体験を考えるものです。彼らはユーザーの立場に立って、プロセスのすべての段階を考え、最高の体験を生み出すために一つ一つのデザインをやり直します。デザイナーが「顧客」という言葉を「ユーザー」に置き換えてもなお、誰もがその人物をお金の出処と性急に考えてしまいがちです。ブラジルは、世界でもっとも労働者が幸福な土地柄です。家族最優先の考え方と、友好的な職場環境により、ブラジルでは「従業員」という言葉を使うのを止め、代わりに「協力者」という言葉を使いはじめています。これは誰もが一人の人間として重要であることを示唆するものです。

では、従業員体験をどのように考えればよいのでしょうか?

1)従業員の会社での一連の活動について考え、それを重要なものと考える。

(例:出勤、職場への到着、デスクに着く、座る、会議室を予約する、PCをインストールする、新しい部署へ移動する、フィードバックミーティングを開く、目標を設定する、など)。

2)そして、これらのステップそれぞれについて、どのように機能しているか詳細に記述する。正しく答えられなければ記憶に頼って書いたりせず2,3人から聞き取り、より正確を期する。必要であれば詳しい面談を行う。どのようにそれらを行っているか聞き取る。

3)次にこれらの体験を優先順位をつけたリストにする。生産性と幸福感にもっとも大きな影響を与えるものを第一にする。

4)その改善状況について一つ一つ再考を行う。

最終的にはこの美しい理想のシナリオは会社を十分に機能させるものになるでしょう。これを経営者と共有し、gプロジェクトとアクションプランを作成、着手することで、会社をより良い方向へ導くことができるはずです。

ここモティファイでは、従業員体験に重点を置き、人事をより良い方向へと導くサービスをご用意しています。これまで、私たちは新入研修体験を再構築し、現在は教育研修を新たな管理者体験として再構築しています。ご自分の会社で変えていきたい状況はあるでしょうか?ご連絡いただければ、ご協力いたします。🙂

——————————————————
Thinking HR like a designer
The Employee Experience Framework
As Deloitte presented in their 2017 Human Global Trends Report, 80% of companies around the world are changing their view from HR to Employee Experience. What does it mean? It means that we are moving from an HR that do control to one that trusts and empower the employee. It is aligned with the change from performance management to performance development. In the first one, the idea is that employees won’t perform unless you manage them, you decide what is best for them and then keep looking over. The second one involves more an ambient of trust and self-management. In performance development, the employee gets his voice heard and it is not about being afraid of making mistakes, but it is about growing oneself and how the company can help it.

Designers think on what they call User Experience. They put themselves on the shoes of the user, think of all the steps of the process and re-design each one of them to create the best experience. They even change from the word “Customer” to “User” so you take out the impetuous to just see that person as a font of money. In Brazil, where we have one of the most happy workforces in the world, highly due to a mindset of family first and friendship at work, they are stopping to use the word “employee” and substituted it by “collaborator”. This implies that everyone is important as an individual.

So how to think more in terms of employee experience?

1) think about the journey of an employee at a company and it’s important points.
(ex: move to work, arriving at work, getting to his desk, sitting, booking a meeting room, installing the Pc, moving to a new department, doing a feedback meeting, setting their goals, etc.)

2) Now, for each of these steps you write down how it works as a detailed description. If you can’t answer right away, do not create it from your memory, ask 2,3 people about it to be more accurate. Do deep interviews if necessary, ask them to show them how they do it.
3) Now put those experience on a priority list. What would have the biggest impact on productivity and happiness comes first.

4) Go one by one rethinking how it could be improved.
By the end, you are going to have this beautiful ideal scenario of a full functioning company. Share it with the decision makers, and start creating g projects and action plans to move your company into a better direction.

Here at Motify, we are all about Employee Experience and we developed a service to help HR to move into a better direction. So far we redesigned the Onboarding experience and now we are redesigning the Becoming a new manager experience. What other situations do you want to change in your company? Let us know and we might be able to help you. 🙂

Posted by on 2017年6月28日 | No Comments »

Leave a Reply

%d bloggers like this: