企業組織を象徴するティール。その色の意味とは。


今週、僕が注目したのは「ティール(Teal)」というビジネスコンセプトだ。これは、フランスのコンサルタントFrederic Laloux氏が提唱した概念で、企業が価値を置くものは進化し、彼は、それを赤(Infrared)、マゼンタ(Magenta)からターコイズブルー(Turquoise)、青(Blue)という色のスペクトルで表現した。

この考え方によると、最も進化した企業の色はティールであるという。 ここでの原則は、セルフマネジメントと生命体としての組織がベースであるという。

僕が一番驚いたのは、僕がこのティールの方法で会社を運営しようとしていることもそうだし、(この考え方は知らずに)Motify、僕の会社のテーマカラーがティールの色をしていることだ!何という偶然(笑)。もし現状がティール色なら、自分たちはまさに正しい場所にいる。そうでなければ、最も先を行っている数々の企業が現在実施していることを知っておくべきだ。

ティールマネジメントの事例:

Buurtzorg:オランダを拠点とするヘルスケア系非営利法人。この記事で特集された。

ESBZ:ベルリンにて公開市場で資金を調達した学校。7~12学年が対象。革新的なカリキュラムと運営モデルで国際的な注目を集めている。

FAVI:フランスの真鍮鋳物工場。とりわけ自動車業界向けに変速機を製造、従業員500名ほど。

Heiligenfeld:従業員600名の精神科を擁するドイツ中央部にある病院。治療に際して全体的なアプローチを採用。

Morning Star:米国を拠点とするトマトの加工処理企業。従業員は400~2400人(季節により変動)、北米市場シェアは30~40%(アメリカでピザやスパゲッティソースを食べたことのある方は、Morning Starの製品をおそらく口にしているだろう)。

Patagonia:年商5億4,000万米ドルの登山用具およびアウトドア服のメーカー。 米カリフォルニア州を拠点とし、従業員1,300人。自然環境に好ましい影響をもたらすことに注力。

Resources for Human Development(RHD):4,000人規模の非営利社会サービス機関で、全米14州で運営。 中毒患者の社会復帰、ホームレス、精神疾患に関連したサービスを提供。

Sounds True:スピリチュアルや能力開発に関連したマルチメディアのパブリッシャー。米国での従業員数は90名。

Sun Hydraulics:カートリッジ弁やマニホールドのメーカー。従業員900名で、米国、英国、ドイツ、韓国に工場を構える。

Holacracy:もともとは米フィラデルフィアを拠点とするソフトウェア会社Ternaryで開発されたマネジメントシステム。世界中で何百もの営利、非営利団体により採用。その代表例はZappos。

___________________________________________________
the Teal color represents the new evolution in company organization

A concept that caught my eye this week was the Teal business concept. Created by the French consultant Frederic Laloux, the idea is that there is some evolution in what companies value and he compared it with the color spectrum from Infrared and Magenta to Turquoise and Blue.

According to him, the most evolved companies are now on this Teal color line. Where the principles are based on Self management and organization as a living organism.

My biggest surprise is that, besides trying to run a company in this Teal way, (without knowing the concept), Motify color is TEAL!!! What a great coincidence. =) If the present is teal, we are right there. If you are not, maybe you should take a look on what is going on in the most advanced companies.

Examples of Teal Management
Buurtzorg: a Netherlands-based healthcare nonprofit, profiled in this article.

ESBZ: a publicly financed school in Berlin, covering grades seven to 12, which has attracted international attention for its innovative curriculum and organizational model.

FAVI: a brass foundry in France, which produces (among other things) gearbox forks for the automotive industry, and has about 500 employees.

Heiligenfeld: a 600-employee mental health hospital system, based in central Germany, which applies a holistic approach to patient care.

Morning Star: a U.S.-based tomato processing company with 400 to 2,400 employees (depending on the season) and a 30 to 40 percent share of the North American market. (If you have eaten pizza or spaghetti sauce in the U.S., you have probably tasted a Morning Star product).

Patagonia: a US$540 million manufacturer of climbing gear and outdoor apparel; based in California and employing 1,300 people, it is dedicated to being a positive influence on the natural environment.

Resources for Human Development (RHD): a 4,000-employee nonprofit social services agency operating in 14 states in the U.S., providing services related to addiction recovery, homelessness, and mental disabilities.

Sounds True: a publisher of multimedia offerings related to spirituality and personal development, with 90 employees in the United States.

Sun Hydraulics: a maker of hydraulic cartridge valves and manifolds, with factories in the U.S., the U.K., Germany, and Korea employing about 900 people.

Holacracy: a management system first developed at the Philadelphia-based software company Ternary, which has been adopted by a few hundred profit- and not-for-profit organizations around the world, most famously by Zappos.

Posted by on 2017年4月12日 | No Comments »

Leave a Reply

%d bloggers like this: