【4/20セミナー開催!】社員研修だけじゃない:新入社員の生産性を今すぐ上げる「オンボーディング」とは?

<<セミナー概要>>
「オンボーディング」という言葉は知らなくとも、社員の離職率の高さ、新卒・中途で採用した社員の教育や生産性の向上などで悩んでおられる方は多いのではないでしょうか?
 
新規に採用した新卒・中途社員の15%が初年度に離職してしまう
退職理由のトップ3が、職務への適応を感じられなかったり、人間関係である
 
採用後、期待通りのパフォーマンスを出せるまで6〜12ヶ月の期間が必要である
といった統計が現状として上げられる中、「オンボーディング」とは、社員を採用してから、本来の期待するパフォーマンスを発揮するまでの期間と、その間の一連のプロセスの事を指します。
 
新入社員だけに留まらず、その上司や先輩も合わせて巻き込むことにより、同時にマネジメント側も育成することができる非常に優れた手法でもあります。
 
先に上げた経営課題の効果的な解決方法として先行している米国では、Googleなどの成功企業を含む、全米の69%を超える企業にて使われています。「オンボーディング」の成果としては、
 
新入社員の生産性の向上(54%)
離職率の軽減(50%)
 
などが上げられています。
 
ビジネスマナーや会社独自の仕組みについて教える新入研修以外は、目立った事を行なっていない日本と比べ、海外では当たり前となっている「オンボーディング」の重要性と手法について、学べる貴重な機会となります。具体的な「オンボーディング」実行方法を学べるワークショップや、明日から使える「オンボーディング」自動化ツールも合わせてご紹介します。

 
<<対象となる方>>
企業の人材育成に関わる業務担当者様
社員のモチベーション向上・離職率に課題を持つ経営者様
企業へ組織開発を行うコンサルタントご担当者様
 
<<日時>>  2017年4月20日(木) 16:00 – 18:00 (16時 開場 16時30分 開始)
 
<<場所>>  東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル10F セミナールーム
 
<<プログラム内容>>
セッション:45分
-日本における、採用後の現状
-解決すべき課題点
-「良い会社」とは?
-効果的なオンボーディング手法とそのタイミング
-テクノロジーを使った、オンボーディングの自動化
ワークショップ :30分
質疑応答 :15分
 
<<参加費用>>  1,500円
 
<<参加方法>>
お申し込みはこちらのページから
 
<<講師プロフィール>>

ドレ・グスタボ
モティファイ株式会社の代表取締役。
ブラジル生まれ。慶應大学院にて、メディアコミュニケーション学部を修了後、ソニーとリクルートにて勤務。リクルート時代は新規事業部にて、日本最大の紹介型人材スカウトプラットフォームの「Glover Refer」の開発に携わる。日本全国の多数の企業から、人事・人材ニーズのヒアリングを行った経験を生かし、現在は「働きがい」を切り口とした人事コンサルティングやソフトウェア開発を行う。
 

Posted by on 2017年4月6日 | No Comments »

Leave a Reply

%d bloggers like this: