チャットボットはいかにしてHRの代わりとなるのか

今週、僕はチャットボットに関する話題を複数のルートから聞く機会があった。メールやSlack、打ち合わせの場でさえも。
 
チャットボットは、人工知能を備えた機能が埋め込まれたソフトウェアの一種だ。これを使うと、実際に人とやり取りしているのと同じような方法でマシーンと交流できる。
最も有名なチャットボットはAppleのSiriだろうが、GoogleにはAlloというチャットボットもあるほか、MicrosoftにはZoなどのほかに、僕のお気に入りCortanaがある。
 
これが重要な話になったワケは、複数の大企業やスタートアップ企業がデベロッパー向けにチャットボットをオープンソース化したからだ。そのため、ほんの僅かなスクリプトさえあれば、実質的に誰もがAIを作り出すことができるのだ。
 
そこで何が起きるか?チャットボットがあれば、人事が行うたいていの仕事は代替されてしまうだろう。いくつかの業界で、マシーンが人を代替する動きが大きくなっている。よくできたチャットボットなら、有給休暇の残り日数の計算、必要なときにいつでも受けられる福利厚生の説明、コンプライアンスの手続きやマネージャーになるための相談さえもできてしまうだろう。
 
例えばのハナシ、日本だったら、チャットボットを使って長時間勤務に関するアドバイスに使えるだろう。
世界中で人事マネージャーやカウンセラーの仕事はあと5年は存在しているだろう。チャットボットは依然として、企業文化に合う人を採用することはできないだろう(まだそこには至っていない)。
しかし、事務作業の大半や、従業員向けのサポート業務などはほとんどが代替されてしまう。
 
日本は、仕事の自動化とロボットの活用面で優れてはいるが、仕事を人から自動化への置き換えられてしまうゆえ、人に創造性や成長の必要性を感じさせるまでには、長い時間がかかりそうだ。
 
全ての仕事が自動化された時、私たちは何をすればよいのか、というのはが今、多くの大企業の悩みの種だ。
 
_________________________________________________________________

How Chatbots will replace HR?
 
This week, from several different places, chatbots stories arrived at my mail box, slack, and even at some meetings.
 
Chatbots are pieces of software embedded with some artificial inteligence and allow you to interface with a machine in a similar way you would be interfacing with a real person. The most famous chatbot might be Apple’s Siri, but Google also have a chatbot called Allo and Microsoft has several like Zo, or my favorite, Cortana.
 
Why this became so relevant is that several big companies and startups opened their chatbot framework for developers. So with a little bit of script writing, virtually anyone could come up with an AI. So what? We have been replacing people by machines in a big wave in several industries. With a chatbot a big part of the HR work will be replaced. A well created chatbot could calculate your days left of vacation, explain your list of benefits at anytime you need and even be able to counsel you about a compliance practice or what to do to become a manager. In Japan we could use it to advise you about working too much, for example.
 
Around the world, in 5 years, the HR manager will still be there, the counselor will also still be there. The chatbot still won’t be able to hire people on company culture (Not yet). But the rest of the paperwork and questions from the employee for support will mostly be replaced. Japan is great for automating things and bring robots in, but still has a long way to learn how to relocate and inspire people to want to be creative and grow. What to do when all those jobs are automated is what worries a lot of the big companies right now.

 

Posted by on 2017年4月5日 | No Comments »

Leave a Reply

%d bloggers like this: